ロジカルシンキングで客を納得させる


こんにちは、しゅーぴんです。

 

最近本を読むことにハマっていて、

思考力を鍛える本を読んでいます。

今日はアウトプットもかねて

ロジカルシンキングについて紹介しようと思います。

 

ロジカルシンキングを直訳すると

「論理的に考える」です。

 

倫理とは結論と根拠の関係性を示すことです。

 

ロジカルシンキングは一言でいうと

誰にでもわかりやすい考え方」

ということですね。

 

そしてロジカルな考え方というのは正解を求める思考ではありません。

 

自分の持つ結論に対して

根拠や事実を用意して

相手にも納得してもらえる考え方です。

 

この思考さえ身に着けることができれば

あなたの記事でどんなことを書いても

相手が納得してくれるようになります。

 

 

ロジカルシンキングを完成させるには5つの準備をするだけです。

 

・論点(話の軸となるテーマ)を決める

・結論を用意する

・結論を伝えるための根拠を用意すること

・根拠には客観性のある事実を用意すること

・全体のつながりが相手の立場からわかりやすいこと

 

この5つを踏まえた構造を作ることができれば、ロジックは完成します。

 

そしてロジックを完成させるには2通りの考え方があります。

 

 

1. ボトムアップアプローチ

論点→事実→根拠→結論

 

①まず論点を明確にします。

②事実としての情報をまとめます。

③まとめた事実からキーメッセージを見つけます。

④抽出したキーメッセージから結論を導きます。

 

今日の記事を例にすると

①論点:「記事の内容」

 

②情報:

・最近本を読んでいる

・読者に満足してもらいたい

・ビジネスに役立つ内容を書きたい

・勉強したことをアウトプットしたい

 

③キーメッセージ

・ロジカルシンキングをアウトプットしたい

・読者はビジネスに興味がある

 

④結論

ロジカルシンキングの技術を書こう

 

少し簡単すぎる例になってしまいましたが、

順番はこの流れはこんな感じです。

 

2.トップダウンアプローチ

論点→結論→根拠→事実

 

この方法はテーマを決めたら

先に結論を決めます。

 

次に結論に対して「なぜ?」「他には?」を繰り返していくことで

その結論が正しいかという検証をすることができます。

 

この考え方を使い分けることによって

わかりやすく相手に伝えることができると思います。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

何か質問などありましたらお気軽にメールをください。

基本的に24時間以内に返信いたします。

僕のランキングは何位でしょう?
↓↓↓

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です